2018福島っ子スプリングキャンプ

第21回福島っ子スプリングキャンプ

 

福島っ子キャンプにとって新たなスタートとなる春のキャンプを3月24日~4月1日の9日間で開催しました。満開の境内の桜に包まれて、子ども達は新しい息吹を感じながら毎日を晴れやかに過ごしました。

『子ども達の笑顔のために』を合言葉に、スタッフは子ども達に家族のように寄り添い最後には大きな笑顔の花を咲かせることができました。

雨プロの福島っ子キャンプは年3回開催していますが、子ども達にはその折々の季節を感じながら愛知ならではの体験をします。

今回のキャンプでは明治村での探偵ゲームや明治の体感、名古屋でのテレビ塔スカイウォークや街のフリー散策、春のお祭りタイムなどの行事が人気で、その体験が心身のリフレッシュに繋がっていると感じます。

今回は受け入れ面の諸事情や財源面で募集人数をいつもより少ない20人としましたが、そのため全体的にゆとりができました。その結果、誰一人体調を崩したりケガをする子も無く、皆揃って笑顔の毎日を送ることができました。

今年で8年目を迎えた福島っ子キャンプ。食事や洗濯などを支援してくださる地元の皆さん、同じく食事の準備や新鮮な食材を提供くださるJA尾張中央の婦人ボランティアの皆さん(通称JKV)、寄付や食材生活用品等の提供をくださる支援者や応援団の皆さん、日々子ども達に寄り添ってくれている学生やOBOGの皆さん、そんな温かい人達の輪が年々拡がり、雨プロファミリィーとして福島の子ども達を支えて下さっています。キャンプでの世代間を超えたスタッフの支え合いは雨プロの自慢です。本当に皆様方には心から感謝致します。

次回の夏は1年で最も長いキャンプです。夏を感じながら福島っ子キャンプならではのプログラムを体験して生きる力を育み、一回り心も体も大きくなって福島へ戻ってもらいたいと思っています。詳細が決まりましたら皆様にご報告させて頂きます。

スプリングキャンプが無事笑顔で結ばれました事を密蔵院のみ仏様はもちろん全ての方に感謝申し上げます。ありがとうございました。

尚、スプリングキャンプの様子は雨プロのFacebookをご参照下さい。

2018春 No.1   2018春 No.2

2018春 No.3   2018春 No.4

2018春 No.5   2018春 No.6

2018春 No.7   2018春 No.8

2018春 No.9   2018春 No.10

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)